特産品

金魚ちょうちん

金魚ちょうちん

江戸時代から伝わる
柳井の郷土民芸品です。

全国に手広く商いをしていた
柳井の商人が、青森のねぶたを
ヒントに考案したと言われています。
昔はお迎えちょうちんとして使われ、
和紙と竹ひごで作られたちょうちんに、
「柳井縞」の染料を用いていました。

毎年8月上旬、白壁通り周辺では
一斉に金魚ちょうちんが飾られます。
夜は灯りが入り、とても幻想的で、
ゆらゆらと泳ぐ姿は、夏の風物詩です。
8月13日に金魚ちょうちん祭り開催!

金魚ちょうちん祭りへ

特産品一覧に戻る

▲このページの上へ